あなたに適した投資手法を見つけよう。3つの性格別投資手法を紹介

投資手法・テクニック

 私はこれまで金融知識や投資方法を多くの方に伝えてきました。その中で、個人の性格によって、お勧めする投資方法は概ね3種類に分けられると感じています。ご自身の性格に合わせた投資方法を見つけられるように、3つすべての概要を紹介したいと思います。

3つの投資方法

 多少の差異はありますが、世にある投資方法は、大きく3種類に分けられると思います。それは

 

「チャート式分析型の短期投資」

「ファンダメンタル分析型の割安優良株への長期投資」

「インデックス投資」

 

の3種類です。

それぞれの特徴、及び、どのような性格に向いているのか、見ていきましょう。

チャート分析型の短期投資

 1つ目はチャート分析型の短期投資です。デイトレードや、仮想通貨で大儲けして話題となる人は、この手法が大半です。これは株価や為替等の価格の動きから「上がる・下がる」を予想し、短期売買を繰り返し、儲けを狙う手法です。

 この投資法の良い点は、「簡単に始められること」「短期で結果が出ること」の2点です。一見すると難しそうなチャート分析ですが、パターンは限られているため、さほど勉強時間は必要ありません。最近はサービス提供会社のサポートも手厚く、初心者でもすぐに始められます。また、短期で売買するので、すぐに結果が出ます。勝ち負けがはっきりしているので、結果が出るまでじっくりするのが苦手な方に、特に好まれる点です

 チャート分析型のデメリットは、一部の人しか生き残れない点です。この投資はいわゆるゼロサムゲーム(参加者の儲けと損失の合計がゼロになる)であるため、大儲けする人がいれば、その裏では多くの人が損をしています。そのため、自分が生き残れる自信がないとお勧めできません。

 これら特徴から、チャート分析柄投資は「リスクを取ってでもすぐに始めて、短期で儲けを狙いたい人」に向いているといえます。

ファンダメンタル分析型の割安優良株への長期投資

 2つ目はファンダメンタル分析型の割安株への長期投資です。企業の財務や経理を分析し、株価が割安な優良企業を探し出し、他の投資家に先んじて投資することで、株の値上がりを狙う手法です。投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏は、この手法を採用していることで有名です。

 この投資法の良い点は「大儲けが狙えること」です。バフェット氏の運用会社の株価は、1965年から2015年までで約2万倍になっています。身近な企業だと、Appleは、1980年の上場から2018年の最高値の株価は約400倍となりました。多くの人が利用するAmazonも、1997年の上場時は、1.5ドルの株価からスタートしました。その後成長を続け、2019年4月の株価は1,950ドル、約1,300倍となっています。こうした株を見つけた結果、億万長者となった例は多々あります。

 一方、この夢のような投資方法にも難点は存在します。それは、企業分析に必要な知識の獲得に、多くの勉強時間を必要とすること、儲けが出るまで時間を要することです。この投資を実践するには経済、業界、財務等、広く深い知識が求められます。また上記記載の通り、儲けを得るまでには、それなりの時間がかかっています。

 これら特徴から、ファンダメンタル分析型の割安株への長期投資は「勉強・努力が苦でなく、長期間かかったとしても、大きく儲けを狙いたい人」に向いていると言えます。

ファンダメンタル分析型の割安優良株への長期投資

 3つ目はインデックス投資です。これは非常にシンプルで、日経平均やNYダウ株価指数、S&P500等、ニュースでよく見る指数と価格が連動する商品への投資です。

 投資に詳しくない方がよく誤解されていますが、市場全体の株価は長期的に見れば上昇していきます。何故なら、株式市場はゼロサムゲームではなく、需要と共に市場全体が拡大していくためです。そのため、市場全体に投資する上記指数は長期的に上がっていくこととなります。

 この投資法の良い点は、「簡単に始められること」「判断がほぼ不要であること」の2点です。購入する商品が決まっているため、銘柄選定に悩むことや、チャート分析、企業分析の勉強に時間を費やす必要はありません。また、判断がほぼ不要になるということは、それだけ自由な時間が生まれることとなります。

 対するデメリットは、市場全体の成長を上回るリターンを期待できない点です。株価が100倍以上になる銘柄を横目に見ても動揺しない性格でないと、難しいかもしれません。

 こうした特徴から、インデックス投資は「大きな儲けは期待せず、投資活動に時間や判断能力を費やしたくない人」に向いています。

 

 今回紹介した投資方法は、橘玲氏の「臆病者のための株入門 (文春新書)」にも詳細に記載されています。更に理解を深めたい方・興味を持たれた方は、こちらも読むこともお勧めします。

 以上、3つの代表的な投資方法のメリット・デメリット、及び、それぞれの投資方法に適した性格の纏めになります。ご愛読いただき、ありがとうございました

3つの性格別投資手法のまとめ

<投資別メリット、デメリット一覧>

  • チャート分析型の短期投資

・メリット            :参入障壁が低い、効果が出るのが早い

・デメリット         :ゼロサムゲームなので、生き残れるのは一部の人のみ

 

  • ファンダメンタル分析型の割安優良株への長期投資

・メリット            :大きな利益が期待できる

・デメリット         :知識の獲得に時間・努力が必要、効果が出るのに時間がかかる

 

  • インデックス投資

・メリット            :参入障壁が低い、判断がほぼ不要

・デメリット         :儲けは市場全体の成長と同等の水準

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました